エニィーとラムと野菜と黒牛と青空

趣味で育てている野菜の成長や、日々の日常などと綴っていきます。

Entries

PLAYBACK~早く家に帰りたい(サイモンとガーファンクル)

「ポールとはおばあちゃんが働いていたパブで知り合ってね、ポールが才能のあるミュージシャンだということはすぐに分かったのよ。」

「その頃はどんな曲を歌っていたの?」

「そうだねぇ、当時の若者はビートルズのようなロックが人気だったけど、相変わらずポールは静かな、しかし象徴的だったり韻をふんだ歌詞を作っていたわね。また研究熱心で、イギリスの民族伝承的な音楽も勉強していたわね。」

「スカボロフェアのような?」

「もちろんよ、よく知っているのね。そして付き合いだして2~3か月の頃にはポールの故郷のアメリカにも一緒に旅行に行ったの・・・・貧乏旅行だったからずっとバスを使ってね・・・・あの頃のことは夢のようだったわ・・・・」


早く家に帰りたい


早く家に帰りたい

Homeward Bound
P. Simon, 1966


  今、駅のホームのベンチに座っている
  次の興行先までの切符を懐に、
  スーツケースとギターを抱えて

  たった一人のフォークシンガーだけど、
  予定はそれなりに埋まってるんだ

  ああ、早く家に帰りたい
  安らぎの場所
  俺のお気に入りの曲が流れ
  愛する人が俺の帰りを待っている
  あの家に


  煙草をくわえて雑誌を読む
  それが唯一の自分の時間さ
  こんな毎日がずっと続いていくんだ

  どこへ行っても、映画館や工場が並ぶ
  似たような町ばかり
  見知らぬ人と顔を合わせるたびに
  思うのはひとつだけ

  ああ、早く家に帰りたい
  安らぎの場所
  俺のお気に入りの曲が流れ
  愛する人が俺の帰りを待っている
  あの家に


  今夜も、俺はクラブで歌い、喋り
  ショーを演出する
  でも、俺の言葉は空しく俺の耳に響くだけ

  曲にだって、歌のない間奏部分があるんだ
  誰か俺にも安らぎの時間を与えてくれよ

  ああ、早く家に帰りたい
  安らぎの場所
  俺のお気に入りの曲が流れ
  愛する人が俺の帰りを待っている
  あの家に

(http://www.geocities.jp/can06310/HomewardBound.htmlより)

竹細工

ジューサーの後片付け用の道具を作りました。

車庫にあった竹を適当に切り出します。

DSC03001_20170916231921c9c.jpg

DSC02998_20170916231918b8e.jpg

DSC02999_2017091623192099b.jpg

DSC02997_20170916231917785.jpg

そして出来上がったのがこれです。

DSC03017_20170916231926fb5.jpg

DSC03015_2017091623192336d.jpg

DSC03018_20170916231927078.jpg

ジュースの他に大量のカスが出ます。それをかき出すためのヘラでした。

DSC03016_201709162319240ad.jpg

DSC03019_20170916231929c1b.jpg

やや奥がかき出しずらいので、先を少し曲げてみました。

DSC03051.jpg




庭の花2017~彼岸花

庭の彼岸花が咲きだしました。気が付いたら茎がスッと伸びていました。

DSC02966.jpg

DSC02967.jpg

DSC02968.jpg

4日後にはほぼ満開になりました。

DSC03002.jpg

DSC03003.jpg


長畑庵の蕎麦・里山cafeCHIKI

少し癌食事に飽きたこともあり、奥様もストレスが溜まっているのではないかと忖度し、ドライブがてら長畑庵に行ってきました。
長畑庵は初めてでしたが、ネットでは高評価なためかお客さんで一杯でした。しばし待ちました。

お店の前のそば畑。

DSC02977.jpg

皆さん腰かけて待っています。

DSC02978.jpg

今日はヤスギンも一緒です。

DSC02979.jpg

長畑庵では盛り蕎麦しかありません。天ぷらもありません。「挽きたて・打ちたて・茹でたて」が売りのようです。純粋に蕎麦だけの味で勝負しているようです。

僕らは3合蕎麦を頂きました。これで1400円です。

DSC02980.jpg

DSC02981.jpg

DSC02982.jpg

完食です。味の良し悪しは僕には分かりませんが、自分で打つ蕎麦の渋みはほとんどなく、美味しく頂きました。汁は甘くも辛くもなく丁度良い汁でした。

蕎麦湯は、何の味だろうかと考えていたら、卵ではないかと思います。奥様は茶碗蒸しの味だと感じたようです。
多分、蕎麦のツナギに卵の黄身まで使っているのではないかと思いました。

DSC02983.jpg

DSC02984.jpg

帰りには気になっていたカフェの里山cafeCHIKIさんに寄って来ました。ランチは予約が必要なようです。築110年の家の半分をカフェとして使い、残り半分は住居だそうです。

DSC02985.jpg

DSC02989.jpg

僕らはケーキセットを頂きました。
僕はリンゴジュースが付いて 650円です。安い!

DSC02991.jpg

DSC02992.jpg

DSC02993.jpg

我がS2000も満腹で笑っているようです!笑)

DSC02987.jpg


レモンマンデー~蕎麦

近くの小学校では運動会が土曜日に行われました。当日の早朝には運動会開催の合図で花火が打ち上げられます。我が家は小学校の近くなので、頭上で鳴り響きます。

隣の畑の蕎麦も一段と大きくなってきました。

DSC03022.jpg

DSC03023.jpg

運動会の合図と花火

起源は不明です
イギリス海軍が始めたとする説が有力です
入港する際に敢えて空砲を連続発射し
交戦する意志が無いことを伝える
儀式的な意味合いから発展したとされています

空砲の発射の慣習は転じて
祝意を表すことを意味するようになり
弔意を表す空砲として弔砲の儀式でも行われるようになり
海上ばかりではなく陸上における外交儀礼の場でも用いられる(礼砲)

これが発展して
まさか 民間で空砲は打てませんから
花火で・・・となったようです
(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14114868694より)

ご案内

プロフィール

忠    

Author:忠    
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター