エニィーとラムと野菜と黒牛と青空

趣味で育てている野菜の成長や、日々の日常などと綴っていきます。

Entries

週末ドライブ2018~メルヘン街道・麦草峠

この日は仕事で岡谷市まで行ってきました。電車ですと帰りが最寄り駅の栃木駅に到着するのが夜の11時前後になってしまうために車で行くことにしました。
栃木ICから北関東自動車道→上信越自動車道の佐久小諸JCTから中部横断自動車道の佐久南ICで降り、R141で南下し、R299のメルヘン街道を諏訪湖に向けて走ります。

上信越自動車の甘楽SAで奥様に運転交代しました。生憎雨模様です。

DSCN2152.jpg

妙義山も雨雲の中です。

DSCN2153.jpg

DSCN2154.jpg

軽井沢あたりでは霧もたち視界は50mくらいでしょうか。

DSCN2155.jpg

DSCN2156.jpg

ノンストップでR299に入りました。
道沿いを流れる川は茶色い濁流となって流れていました。普段は奇麗な渓流なのだと思います。

DSCN2158.jpg

メルヘン街道の峠、麦草(ムギクサ)峠です。読み方が分からず、爆走(バクソウ)峠・・・・などと冗談を言ったりしていました。

DSCN2160a.jpg

DSCN2160b.jpg

DSCN2162.jpg


仕事の時間まで余裕がありましたので、計画では「御射鹿池」に寄る予定でしたが道が分からず通り過ぎてしまいました。
この頃には12時を過ぎていましたので、奥様は、

「ガストがこの先にあるみたい」

と言いますが、信州まで来てガストもなぁ~と思い先に進みました。いつもこうやってお腹を空かした奥様は剣呑になってきます。
そんな時に目に入ったのが「そばきり吉成」さん。どうも高そうな店構えですが、奥様のご機嫌を損ねるよりはと思いすぐに入ることにしました。

DSC04724.jpg

関東では、蕎麦と言ったらヌードルの蕎麦ですが、この辺りでは「蕎麦きり」とわざわざ言うようです。麺に切っていない蕎麦は、「そばがき」と言うらしい。こちらは関東も同じですね。

通された席は窓の反対側の薄暗い席でした。なにもそれで問題はないのですが、写真を撮るには少し暗い・・・・笑)

奥様は暖かい蕎麦と天ぷら。

DSC04720.jpg

メニューのトップには関東では見かけたことのない「どうづき蕎麦」が堂々の1600円、「粗ぎりそば」が1400円くらいでした。僕はこんな高い蕎麦は食べたことがありません。小心なので「粗ぎりそば」を注文しました。

DSC04721.jpg

食べ方も教えてもらわなければ分かりません。まず右手奥のガラスのグラスに入っている水蕎麦を「そのままお召し上がり下さい」とのこと。蕎麦そのものの香と味を確認するようです。はい、確かに「水に入った蕎麦」でした。
次に、写真では見えずらいですが茶色の塩を少しかけて食べるのだそうです。さすがに塩ですので、甘みが引き立ちました。
一応言われた通りに食べた後は好きに食べて良いようです。とは言ってもつけ汁に付けて食べるだけです。しかしこの出汁がカツオの香りで美味しかった。この出汁は今まで食べたどの出汁よりは僕の好みで美味しかった。ただ蕎麦だけで言うなら、僕の地元の美味しい蕎麦屋ならば900円程度で食べられると思います。1400円は出汁と店構えの分がかなり含まれているのでしょう。

ちなみに天ぷらも一緒に食べたほうが良いかもしれません。僕は時間調整で1時間後に入ったファミレスでオムライスを食べなければお腹が持ちませんでした。

DSC04722.jpg

DSC04723.jpg

ご飯の後は時間調整で諏訪湖を見学。

DSCN2166.jpg

DSCN2168.jpg

DSCN2164.jpg

DSCN2170.jpg

DSCN2167.jpg

仕事も終わり、無事に家に帰りつきました。
天気さえ良ければ、ビーナスラインも走れたかもしれませんが次回のお楽しみに取っておくことにしました。


PLAYBACK(「駅」)~竹内まりや・布施 明

「駅」の最終回は、作者の竹内まりやと布施明です。

この「駅」は、竹内の歌う「駅」が他のアーティストの歌の善し悪しの基準になっているようです。音楽は・・・・余程音程が外れているのでもなければ、聴き手が自分の好みで判断していいわけですから、あれが素晴らしいとかこれはダメだと言ってもはじまりませんが、この二人が歌う「駅」は日本の歌謡曲の最高水準に達していると思います。

竹内は、歌謡曲からポップスへと志向していて、やや素人っぽい歌い方です(ポップスって、普通の人の経験を普通の人の声で歌うものだと思います)。布施の場合は、歌謡曲からエンタテイメントを志向していて(エンタテイメントって、聴き手をや聴く状況を選ぶと思います)、歌い手のオリジナリティーがはっきりしているので、誰が聴いても「布施明だなぁ~」と納得してしまいます。きっと竹内ファンからは、誰が聴いても「まりやの歌だ!」と反論されるかもしれませんが、評価の基準になってしまった以上、透明あるいは水準ゼロと感じられるのは致し方ないかもしれません。もちろん、例えば中森明菜を基準とした場合には竹内の評価はまた別でしょうが。

竹内 まりや(たけうち まりや、1955年3月20日 - )は、日本のシンガーソングライター、ミュージシャン。自称「シンガーソング専業主婦」。本名、山下 まりや(旧姓:竹内)。島根県簸川郡大社町(現出雲市)出身で、実家は1877年創業の老舗旅館、竹野屋旅館。父親は実業家・元政治家である竹内繁蔵。6人兄弟の三女。所属レコード会社はワーナーミュージック・ジャパン。所属事務所はスマイルカンパニー。夫はシンガーソングライター・ミュージシャンの山下達郎で、山下との間に一女がいる。血液型はA型。
(wikipediaより)

う~ん、誕生日がほとんど同じ!(だからと言って、どうということもないですが・・・・笑)

駅(竹内)

youtubeは↓

竹内まりや「駅」


布施 明(ふせ あきら、本名:布施 晃、1947年12月18日 - )は、日本の歌手・シンガーソングライター、俳優。伸びやかな声と豊かな声量の持ち主として知られている。所属事務所は、渡辺プロダクションからプロダクション尾木を経て、2012年より独立しFRA音楽創舎を設立した。所属レコード会社は徳間ジャパンコミュニケーションズ。東京都三鷹市出身。都立府中高校入学後、豊島実業高等学校(現:豊島学院高等学校)へ転校、同校卒。血液型はA型。

横浜市立大学学長を務めた布施勉は実兄にあたる。妻は歌手の森川由加里。
(wikipediaより)

駅(布施)

youtubeは↓

布施 明「駅」

これで「駅」の聴き比べはお終いです。


*CommentList

夕焼け

金曜日の帰りの7時頃だったでしょうか。奇麗な夕焼けでした。思わずコメリに車を止めて撮影しました。

IMG_1510.jpg


龍門の滝

栃木市内の一部は7月にお盆を迎えます(新盆。我が家の辺りは8月に行います。旧盆。)。どうも市内が一斉にお盆休みになると仕事や日常生活に影響が大きいらしく市内の地域によって7月と8月に分けてお盆にしているようです。僕の従兄の家は7月にお盆ですので線香をあげに行って来ました。

その後は、ドライブがてら那須烏山市にある「龍門の滝」に行ってきました。この滝はすでに4・5回は来ています。この日は暑く、車の温度計は36℃でした。河原までの階段で汗びっしょりになってしまいました。
この時は、水量が少なかったことと、スローシャッターにするには明る過ぎ、しかもフィルターが使えませんでしたので0.1秒がやっとでした。

DSC04748_20180715194400412.jpg

DSC04749_20180715194401782.jpg

DSC04750_20180715194403365.jpg

DSC04751.jpg



遠雷

昨夜はすごい雷でした。この辺りでも大雨注意報が出たそうです。幸いこの辺りは免れたようです。
帰ってまずは写真です。雨雲の中で雷が光っていました。

DSC04752a.jpg

右手の大きな光は月、その右下の小さな光はたぶん金星だと思います。
月の真下の光は街路灯です。

DSC04757a.jpg

奥様によると、雷は西の方角に移動していったようで、僕が帰った頃は群馬県に移動したようです。

DSC04761a.jpg



ご案内

プロフィール

忠    

Author:忠    
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター