エニィーとラムと野菜と黒牛と青空

趣味で育てている野菜の成長や、日々の日常などと綴っていきます。

Entries

PLAYBACK(「駅」)~岩崎宏美・中西保志

今週の「駅」は岩崎宏美さんと中西保志さんです。二人とも歌の上手さでは定評があります。


岩崎 宏美(いわさき ひろみ、1958年11月12日 - )は、日本の歌手。70年代アイドル。愛称はヒロリン。

東京都江東区深川出身。所属事務所は芸映プロダクションから、後にスリー・ジーに移籍。レコード会社はビクターから、インペリアルレコードに移籍。岩崎良美は実妹。
略歴
木場で製材用の機械を製作する会社の経営者の次女として1958年11月12日に出生(三姉妹の次女)。歌手・女優の岩崎良美は3歳年下の実妹。警察の師範も務めた父の影響で、幼い頃から姉妹で剣道をやっており、姉妹ともかなりの腕前を持っていることでも知られている。

成城学園初等学校入学と同時に歌のレッスンを受け、同中学校進学の後、歌手を目指し松田トシ(のちに芸名を「松田敏江」に改名)に師事。また当時中学の同級生だった岡村清太郎(当時歌舞伎役者。現在は浄瑠璃清元の家元、七世清元延寿太夫)の縁で先代水谷八重子の部屋子となり、新橋演舞場に通う。中学3年の時に『スター誕生!』に応募し、1974年2月20日(放映は3月3日)、関東大会で代表選出、同年7月17日(放映は8月11日)決戦大会に出場。小坂明子の「あなた」を歌い最優秀賞に輝く。8社からのプラカードがあがり、芸映、ビクターレコードと契]。以後大本恭敬に師事し、現在の歌唱スタイルを築く。『スター誕生』に応募した動機は、当時同い年の森昌子が「せんせい」でデビューしたのをテレビで目の当たりにし、「自分も森昌子さんみたいになりたい。」と思ったのがきっかけだと言われる。

1975年4月25日、「天まで響け岩崎宏美」のキャッチフレーズと共に「二重唱 (デュエット)」でデビューした。同期デビューの女性歌手では小川順子、太田裕美、岡田奈々、片平なぎさなどがいる。2枚目の「ロマンス」が90万枚近い大ヒットとなり、「心のこり」の細川たかしと共にこの年の新人賞を多数受賞する。またこの年、第26回NHK紅白歌合戦に、紅組歌手のトップバッターとして初出場(歌唱曲は「ロマンス」)を果たした。
(wikipediaより)

岩崎(駅)

youtubeは↓

岩崎宏美「駅」



中西 保志(なかにし やすし、1961年7月18日 - )は、日本の歌手。奈良県奈良市出身。シングル「最後の雨」のヒットで一般にバラードシンガーとして知られている。
友人であるm.c.A・Tとバンドを組んでいたことがある。

来歴・人物
奈良市立春日中学校、清風高等学校、同志社大学経済学部卒業。奈良市立春日中学校時代は生徒会長を務めていた。

大学ではグリークラブに所属していた傍ら、大学二年の頃にバンドのボーカルを始める。二十歳の時に友人の誘いで自主制作ミュージカルの製作に関わるが急遽、代役として舞台に立つ事になりビリー・ジョエルの「素顔のままで」を歌う。大学4年生の時に大阪府のクラブ主催のオーディションで優勝。審査委員長はマーサ三宅であった。歌った曲はスティーヴィー・ワンダーの「心の愛」とビリー・ジョエルの「ニューヨークの想い」。

大学卒業後は市内の百貨店に就職するものの途中でストレスによる体調悪化で幾つもの職を転々とする。

フリーター生活を送っていた中、スティーヴィー・ワンダーの物まねをしていたのが芸能事務所の目に留まり27歳で上京。歌手デビューの為に下積みを重ね小椋佳の仮歌入れやCMソングを歌っていた。そんな中、ディレクターの五十嵐寿也と出逢い、「愛しかないよ」で日本コロムビアからデビュー。その後「最後の雨」がロングヒットとなる。日本コロムビアと契約が切れた後、事務所製作のCD「Proceed」を製作。このCD製作や、事務所の公式サイト立ち上げにはファンの署名などの動きが陰であった。

2007年2月、徳間ジャパンコミュニケーションズとの再契約後、初のCD「Standards」が発売される。

趣味は読書、日曜大工。調理師免許を所持している。
(wikipediaより)

駅(中西no2)

youtubeは↓

中西保志「駅」

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

忠    

Author:忠    
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター