エニィーとラムと野菜と黒牛と青空

趣味で育てている野菜の成長や、日々の日常などと綴っていきます。

Entries

レモンマンデー~パッションフルーツ

久しぶりのレモンマンデーです。レンモンマンデーは、憂うつな月曜日を元気にするために果樹の生育を主な記事にしています。

今日のレモンマンデーはパッションフルーツです。先日、初めて咲いた花に驚きましたが、気が付いたら実になっていました。驚くべき速さです。
奥様はこの日の朝まで気が付かなかったそうです。

DSCN2120.jpg

DSCN2121.jpg

実になったものはまだ2つですが、それ以外に花も咲いていますので、思ったよりもたくさん収穫できるのかもしれません。

DSCN2123.jpg

パッションフルーツには赤皮種と黄皮種があるそうです。我が家のパッションフルーツはどちらなのか分かりません。流通しているのは赤皮種が多いようですから赤くなるのかもしれません。

passion1.jpg

Passionfruit012m.jpg

収穫は、完熟すると落果するようですので待っていれば良いのかもしれません。ただ間抜けな我が家ですから、落下したことに気づかない可能性や、ラムが最初に見つけて食べてしまう可能性があります。しばらくは目が離せません。

●パッションフルーツの選び方
イエローパッションフルーツ
パッションフルーツは完熟するとマンゴーと同じように自然落下します。その時に小さな擦り傷などが出来やすいので、そう言ったものは気にしなくても良いでしょう。むしろ完熟させられたものと言う事が分かります。

選ぶ時に見るのは、大きな傷や割れ目などが無い事と、全体にまんべんなく色付いていいて、表面に艶があるものを選んでください。

また、手に持って少しでも重みが感じられるもので、パッション特有の爽やかな甘酸っぱい香りがあるものを選びます。

●パッションフルーツの食べ頃の見分け方

パッションフルーツは基本的に木成りで完熟したものが収穫され流通しているので、買ってきてすぐに食べても食べられます。好みによりますが、酸味が強い方がパッションフルーツらしくて好きと言う方はすぐに冷蔵庫で冷やして食べると良いでしょう。

酸味が苦手な方は追熟させますが、追熟が進むと表面にしわが出始め、へこんででこぼこした状態になってきます。これは水分が蒸発していくためで、これくらいになると酸味が抜けて甘味が強い状態になります。この状態で冷蔵庫に入れよく冷やして食べてください。

(http://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/passion2.htmより)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

忠    

Author:忠    
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター