エニィーとラムと野菜と黒牛と青空

趣味で育てている野菜の成長や、日々の日常などと綴っていきます。

Entries

庭の花2018~クチナシ

クチナシの花が咲き、甘い香りを放っています。残念なのは、すぐに茶色くなってしまうことです。茶色くなった花はすぐに切ってしまったほうが良いのでしょうが、なかなか毎日見る習慣がありませんのでついついそのままにしてしまいます。

IMG_1445.jpg

IMG_1444.jpg

初夏の風に鼻をくすぐる甘い香りを放つクチナシの花。花言葉の「喜びを運ぶ」もその香りにちなむといわれます。また、アメリカでは男性が女性をダンスパーティーに誘うときにこの花を贈るそうです。花言葉の「とても幸せです」は、誘われた女性の気持ちを表しているのかもしれません。

クチナシは、ジャスミンのような香りがするので英語では「ケープ・ジャスミン(Cape jasmine)」と呼ばれています。ケープは喜望峰(Cape of Good Hope)のことです。

もともと一重咲きのクチナシ。品種改良によりバラのような八重咲きの品種も作り出されており、ガーデニアとも呼ばれています。

日本では、クチナシが「嫁の口がない」に繋がることから、女の子のいる家には植えないほうがいいという俗信もあるそうです。
(http://rennai-meigen.com/kuchinashihanakotoba/より)

う~ん、もともとあったクチナシですが、間違ったか?笑)




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

忠    

Author:忠    
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター