エニィーとラムと野菜と黒牛と青空

趣味で育てている野菜の成長や、日々の日常などと綴っていきます。

Entries

神明宮の夏祭り

22日は東京で仕事でした。栃木駅まで行くとお祭りのようです。神明宮の夏祭りだそうです。

IMG_1521.jpg

IMG_1522.jpg

IMG_1523.jpg

神社といえば麻ですが、近くの鹿沼市は今でも麻の産地です。

IMG_1524.jpg

スサノオでしょうか。

IMG_1525.jpg

IMG_1526.jpg

IMG_1527.jpg

IMG_1528.jpg

IMG_1529.jpg

御祭神
「主祭神」天照皇大神、配神素盞雄命、造化三神(天之御中主神、高御産巣日神、神産巣日神)

御由緒
下野国栃木の鎮護の神として斉き奉らる。当社は勧請の因記詳ならずも中興改築の棟礼に、応永十壬寅年(第百代後小松天皇の御宇)九月十六日正遷宮、天照皇大神、祇園牛頭天皇とあり。応永の頃は皆川紀伊守の所領にして、同家は藤原氏の系統なるにより其の最も尊崇する素盞鳴雄命を相殿に祭祀せるものなるべし。爾来近郷榎本城の支配を受けしが、天正年間豊臣秀吉小田原城征伐の挙あるや、時の城主榎本藤四郎は北条氏に属せしめた宗家小山氏(現在の小山市)の居城小山城落城と共に榎本城も没落せりと旧記に見ゆ、又大字栃木城内に皆川広照公の支城ありて神明宿なる小字あり、是当社の旧地なりしを天正十七已午年正月十六日現地に奉遷宮されたるものなり。徳川氏天下に覇たるに及び、或は代官領となり、或は知行所となり幾多星霜を経て、御祭事は町奉行之を掌りて、社家之を執行し来たれり、当社は明治五年に県社に列せられ、奉告は時の栃木県令鍋島幹之を行う。同六年境内に於ける禁制の高札を下賜せらる。これ実に県下初めてのことである。〔御神徳〕=全国神社の本宗として仰がれる伊勢皇大神宮の内宮に奉斉され申すまでもなく太陽のごとく私共の上に恵みの光を投げかけ、かつ明るく強く生きる力を与えて下さるという一つの日の神と申されましょう。従って皇祖の大神として奉祀され我国最高の貴神と仰がれます神にまします。
(http://www.jinja.rpr.jp/matsuri/より)

僕らはデニーズでお昼ご飯です。
奥様は何やらヘルシーなランチ。

IMG_1530.jpg

IMG_1531.jpg

僕は担々麺セットです。

IMG_1532.jpg

ともかく汗だくで東京に行き、帰りは冷房の効きすぎた電車で帰って来ました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

忠    

Author:忠    
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター