エニィーとラムと野菜と黒牛と青空

趣味で育てている野菜の成長や、日々の日常などと綴っていきます。

Entries

PLAYBACK~街角トワイライト(シャネルズ)

この「街角トワイライト」は1981年(昭和56年)2月の発表だそうです。この曲はよく憶えていますが、当時はまともにレコードを買ったり、歌番組をじっくりと見ている暇はなかったと思います。この年の4月に転職しました。

この年の出来事
■作家向田邦子が航空機墜落事故で死去
この年の新製品
■レーザーディスク・プレーヤー LD-1000(パイオニア)
■紙おむつ ムーニー(ユニチャーム)
この年の流行語
■えぐい (CMでは本来の意味で用いたが、「スゴイ、カッコイイ」といった意味に変わって使われた)
■クリスタル族 (カタログ文化にかぶれた若者のこと)
■粗大ゴミ(定年後家でゴロゴロしていて妻のめざわりになる夫)
■んちゃ (主人公アラレちゃんが話す「アラレ語」で「こんにちは」の意味)
■なめネコ (セーラー服やガクランを着た猫の写真やポスターが流行)
この年のヒット曲
1位は、ルビーの指環(寺尾聰、132.7万枚)
(https://nendai-ryuukou.com/1980/1981.htmlより)

街角トワイライト

youtubeは↓

街角トワイライト

シャネルズ結成~アマチュア時代
1975年9月、鈴木が高校時代の仲間の田代、中学の時に同級生だった佐藤・久保木らとともにシャネルズを結成。この他に結成当初から在籍していたのは新保と高橋で、主に大森近辺出身のメンバーが集まり、自分達の仕事と並行して演奏活動をスタートさせた。バンド名は、憧れのグループであったアメリカのオールディーズバンド「シャ・ナ・ナ(Sha na na)」とドゥーワップグループ「ザ・チャンネルズ(The Channels)」からとって名付けたもので、バンド名の通り当初は「シャ・ナ・ナ」のコピーバンドとして主に活動しており、顔も黒く塗っておらず衣装もTシャツにスカジャンというスタイルであった。1976年にはTBSのテレビ番組『ぎんざNOW!』に出演。その後一部メンバーの脱退が続いたが、その入れ替わりに鈴木の幼なじみである桑野と、中学時代は高橋と同級生だった須川が加入する。

1977年、当時最高峰のアマチュア・バンドコンテスト『EastWest'77』(主催・ヤマハ)に出場し、決勝大会まで進出して入賞を飾る。同コンテスト決勝大会には、サザンオールスターズ(入賞)、カシオペア(優秀グループ)が出場していてプロへの足掛かりを作っている。また大瀧詠一とこのころ関係を持ち始め、同年大瀧がプロデュースしたアルバム『LET'S ONDO AGAIN』には鈴木がソロを取り佐藤がコーラスを担当した曲と、メンバー全員で参加した曲の2曲が収録された。なお、名義はそれぞれ竜ヶ崎宇童とモンスターとなっている。

『EastWest'77』でサザンオールスターズを始めとする他のバンドに圧倒されたメンバーは、シャネルズをもっと強く印象づけられるものが何かないか探していた。そんな時、田代が深夜にテレビで放送されていた東宝映画『三匹の狸』(1966年)を観ている時に小沢昭一が演じていた黒塗りパンチパーマの詐欺師にヒントを得て、黒塗りの顔でステージに立ってみることを発案する。話し合った結果、目立つようにメインボーカルの4人だけが顔を黒く塗ることに決め、衣装も黒い顔に似合うものを探して、キャバレーの呼び込みが着ていた制服であるど派手なタキシードを安く仕入れた。そして、鈴木の父が持っていた黒人音楽のレコードやジャケットを見て、衣装に合う振り付けを考え出した。こうして『EastWest'78』にはレコードデビュー後のスタイルに近い形で出演し、その後の曲のレパートリーも本格的なドゥーワップが中心となっていった。

ただ、当時しばらくはドゥーワップがなかなか世間で認められず苦労するも、山下達郎には早くから認められていた。その後新宿のライブハウス「ルイード」で定期的に行っていたライブが次第に評判を得始め、アマチュアバンドの中では一、二を争う人気グループとなっていく。このころ脱退したメンバーと入れ替わりに横浜のアマチュアバンド「ダックテールズ」のリーダーだった山崎がメンバー入りし、更にその後サイドギター担当が抜けた後釜に葛飾区柴又出身の出雲が加入してデビュー後のメンバーが揃う。

レコードデビュー前にもテレビ出演を果たしており、例えば、東京12チャンネル(現:テレビ東京)の「独占!おとなの時間」では中途から数回出演し、「シュブーン」などのドゥーワップを披露している。
(wikipediaより)


Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

忠    

Author:忠    
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

カウンター